Kalafina 「五月雨が過ぎた頃に」と2017年イベントとKeikoさんの「しめくくって」の意味・・

「9+ONE」ツアー国内最終公演の九州では、オープニングとアンコールの最後に
2回「五月雨が過ぎた頃に」を歌っているのだ・・。

2018年のことを考えると、2017年のイベントというのは、すべて先取りした
10周年イベントだったんですね・・。

だから9thでも、「空の境界」全通し、とか・・。

「9+ONE」ツアーは彼女たちの中では、「10周年ツアー」で。そのツアーの
国内最終。だから、どうしても「五月雨・・」を歌いたかった、ファンの
みんなといっしょに。オープニングの時とは違い、「ラララ」もみんなで
歌いました・・。

10周年イベントは、その他にもたくさんありました・・。ビルボードライブ、
世界遺産ライブ、ファンクラブイベント、過密日程のstring&クリスマス
ライブ・・。

その間にリリースイベントもあり・・。そしてその集大成が「10th武道館」
だから、10thはいつもの周年ライブとは違い、歌ってほしいリクエストを
最大限に取り入れて。10周年イベント最後の締めくくりのビッグイベント。

映画の中のKeikoさんのライブ前のかけ声「10周年、みなさんしめくくって
ください」というのは2017年やってきたことの締めくくりであると考えると
今まで腑に落ちなかったことが、わかってきた気がします・・。

自分たちにとっては10周年始まりのイベントと思っていたことが、彼女
たちにとっては締めくくりイベントだったのだと・・。

そして、そこに暗さはありません。ミュージシャンのみなさんも、2018年
のオファーがないことから、事情はわかっているものと思われます・・。
だから・・。