Kalafina 今日は9+ONE 福岡/アルモニーサンク北九州ソレイユホール 国内最終公演・・サプライズそして感動・・

ソレイユホールもなかなかの音響、壁面にパイプオルガンがあるホールで、
壁面の下の方が木のせいか、Jr.さんのベースの音がすごく柔らかく聴こえる。
(気がする・・)今日は2階のほぼ一番後ろですが、音的には全く問題ない・・。

Wakanaさんの地元、最初のMCで「ただいま!」「おかえり!」のやりとりが
あって、あたたかい中にも最終公演、というテンションの高さもありつつ。

ライブは・・すばらしいんですよ、やっぱり・・。

「春を待つ」のKeikoさんの声、いろいろな声が出せる中で「これ」という
ものに落ち着いたのでしょう。前も書きましたが、Keikoさんらしい低音
入った深みのあるとってもいい声・・。もちろんHikaruさん、Wakanaさんの
声もとってもいい。

本日1つめの日替わり曲。「ring your bell」。「春を待つ」からのアコー
スティックスタートの「ring your bell」、やられました。強力です・・。
そしてバンドサウンドへ。そして、Wakanaさんの最後の「F♯」がスゴかった!
やっぱり地元という気合いでしょうか、「ring your bell」も何度となく、
「F♯」も、聴いてきましたが、ちょっと今日の「F♯」は声量、響きともに
スゴかったと思います・・。

そして本日のサプライズその1はアンコール最後の曲が新曲でした!
百火撩乱」!まだまだ細かいところはつかんでませんが、クール・ダーク・
ジャパニーズ(?)的な曲調でしょうか・・。

そして、新曲で終わるのかな、と思っていたら、サプライズその2、
ダブルアンコール、「もう1曲歌っていい?」という話になり、
「『五月雨が過ぎた頃に』、ラララ、みんなで歌ってください」ということで
本日2度目の「五月雨・・」!9+ONEライトを点灯させて、会場全体で3人の
振りにあわせて手を振って・・。ラララもみんなで歌って・・。2階席ほぼ
最上段からの眺めはとってもきれいでした・・。

今日は2階席でしたが、ほぼ一番後ろで、逆に後ろを気にする必要がなく、
アッパ−パートではいつもの如く立ち上がって、うで振って楽しんじゃい
ました・・。アンコールに入ってからは2階もかなりの人が立ってました
ね・・。

最後のあいさつはWakanaさんが真ん中でリードして。目には涙があったかな・・。
熱くあたたかい九州公演、9+ONEの余韻に浸りたいと、上から着てた9thの
Tシャツ駅までずっと脱がずに・・。

きょうもすばらしいライブをありがとうございました!

ちなみに9+ONEライトは、次の海外公演へ引き継ぎです・・。
また書きます・・。